今月の1曲(8月)

8月も後半になってしまいました。この頃は、7月も8月も、もしかしたら6月も9月も、猛暑とスコールの連続で、7月にご紹介した1曲以来、季節ごとに歌を届けたいという感覚、夏の歌という感覚が、ちょっと麻痺しておりました。が、ああそうだ、一応夏の暦のうちに、ご紹介したい曲がありました。ありました.

「水の生まれるところ」。

この曲は、私のオリジナルではなくて、「Spacious」というグループの楽曲で、この動画は、そちらのメンバーのライブ映像です。「ヒグラシ」の羽音がとても美しい1曲です。

「Spascious」は、もともと、生楽器を自然音の響きに合わせて演奏する空間に、来てもらって、音を実際に体で感じてもらう、というプロジェクトでした。私はそこで、ボーカルいうか、息吹担当です。他のメンバーが、錚々たる響きの達人ばかりで、いつもドキドキと言いますか、ワクワクしながらも、半ばビクビク(笑)なのですが、一度メンバー紹介の時に「息吹担当」と言われたことがありまして、なんだかとてもホッとして、そして嬉しかったので、それから「息吹担当」と名乗っております。

そして実は、曲のエッセンスになる自然の音を選ぶのも、実は私の担当で、この「ヒグラシ」の響きは、和歌山県の龍神村で日高川沿いの道で撮った音です。川の水も、松の木の間から透ける空も蒼く蒼く澄んでいて、この景色を見てハッとするような澄んだ美しさを、そのまま空間に再現できるような曲を作ろう、と言いました。息吹担当なので、勝手に言うだけなんですが…笑。

「ヒグラシ」は、私が一年を通じて、最も愛する自然の響きの1つです。最近は6月頃から、全てのセミが一斉に聞こえてきたりしますが、私が小さかった頃は、最初にニイニイゼミ、アブラゼミ、それからクマゼミ、ミンミンゼミと聞こえてきて、ミンミンゼミが聞こえると、夏の真ん中、という感じがしました。そしてヒグラシが混じってくると、夏も後半に入ったな、という感じがして、残暑厳しい中でも、ヒグラシの中にツクツクボウシとチッチゼミと移り変わりがあって、毎日色合いが動いているのがわかりました。特にヒグラシは、夕方、夏休みの夕焼けとともに聞こえてきて、遊びやお使いの帰りの、1日が終わる切なさのような、帰ったらお風呂に入ろうか、と考えたりする静かな温かさのような、いろんな感じの混ざった印象がありました。

環境も今は大きく変わってきているようで、この美しい自然をどうやって未来に届けたらいいのか、不安もよぎりますが、できることを1つずつやっていこうと思います。

あなたの中の、夏の響き。清流や、風に揺れる木立の音、大きな空や入道雲、そしてセミの羽音が、そのまま美しくありますように。そしてそんな姿があなたの外側の自然にも、生き生きとありますように。